Adobe Premiere Pro CC 2015 日本語版をUSキーボードで使用する

こんにちは。Patecです。

今日はMacネタです。
しかもAdobe Premiere Pro CC 2015をUSキーボードを使用している方向けの。

# 前置き
MacでUSキーボードを使用している方は少なからずいると思います。
Patacでも技術担当の方がUSキーボードを使用しています。
その理由の一つに、使っているソフトウエアが元々英語版を主に設計さてれいて、ショートカットもUSキーボードに最適化されているということがあります。
しかし、Adobe社のように使用言語に合わせてキーボードショートカットが自動で適用されることがあります。
AfterEffectsやPremiere Proもそのように設計されています。
故にUSキーボードを使用していてもショートカットが日本語キーボード用のものが適用されており、一部のコマンドが正常に動作しません。
それは、英語版のキーボードショートカットを日本語版に移植することで解決します。

続きを読む


亡国のアキト 第4章「憎しみの記憶から」

コン二チハ、パテック デス。

亡国のアキト 第4章「憎しみの記憶から」
http://www.geass.jp/akito/

上映まであとひと月をきりました。

ペース早いです。Patecでは引き続き、
劇中のモニターグラフィックのデザイン・アニメーション全般、特殊なコンポジットを担当しています。

最終章 愛シキモノタチへ

の追加制作も決定しましたので楽しみにお待ち下さい。


AECS6 Mac版のモーションスケッチ

AfterEffects CS6 Mac版のモーションスケッチって
いつになったら治るのだろう。
CCではできることはわかってるんですが、プロジェクト的にCCつかうのも微妙だし・・・
対応してほしいです。


亡国のアキト 第3章「輝くもの天より堕つ」

コン二チハ、パテック デス。

亡国のアキト 第3章「輝くもの天より堕つ」
http://www.geass.jp/akito/

上映まであと10日になりました。

Patecでは劇中のモニターグラフィックのデザイン・アニメーション全般を担当しています。
タイポや特殊なコンポジットもいくつか作業させていただきました。

ご興味のあるかたはGWにでも是非劇場まで足をお運びください。


Rethink on Animation TimeSheet

アニメーションタイムシートについての再考

こんにちは、Patecです。

今回はPatecで開発を進めているアニメーションのタイムシートツールについて紹介します。

タイムシートについて

まずはじめにタイムシートについて軽く説明します。
絵コンテは画と文字で書かれた画面の設計図であるのに対して、タイムシートとは文字で書かれた画面設計の指示書です。タイムシートには作画された画の並び順、カメラワーク、画面効果等が記されており、撮影は基本的にこのタイムシートにのっとって作業を行います。撮影工程ではAdobe AfterEffects(以下、AE)を使用して作業を行っているプロダクションがほどんとで、Patecでも主にAEを使用しています。ここで問題になるのが、AEは元々モーショングラフィックス用のアプリケーションであって、アニメーションの撮影用ではないということです。AEを含めコンポジット作業を行えるアプリケーションはタイムライン上で1コマ1コマ使用する画の番号を指定するタイプの作業には最適化されていません。その為しばらく前から業界内で、タイムシートを打ち込み、AE用のキーフレームに変換するアプリケーションを開発される方々がおられます。それらのアプリケーションは業界内でも重宝されており素晴らしい物であります。しかし、知る限り業界内は使用OSのほとんどがWindowsでありOSXを使用しているプロダクションはごく少数であり、それらのアプリケーションもネイティブのものはWindows用となっています。

続きを読む


Hello world.

こんにちは、Patecです。
月並みですが、blogをはじめてみました。
blogでは携わっている作品の情報やwebの更新内容、
技術的な話などを紹介できればいいなと考えています。
Patecメンバーは筆不精なものですから頻繁には更新できないとは思いますが、
制作中はWORKページの更新も出来ないためblogで状況をお知らせできればと。。