AfterEffects Script エフェクト名エディタ

レイヤー数が多いとちょっとわかりづらいかったので
GUIをアップデートしてみました。(2021/5/12)

アニメーションの撮影のご依頼を頂くことがありますが
時代の流れでしょうか?テンプレートになるコンポにも
レイヤースタイルなども駆使されていてどんどん複雑化しているように感じます。

今までにもこの仕事の変化として
様々なサードパーティー製プラグイン、エクスプレッションによる自動化、
AEスクリプトによるツール開発etc…などの流れがあったと思います。

エフェクト、レイヤースタイルそれらのパラメーターに付随するエクスプレッションと、
タイムラインもごちゃごちゃしてきます。
コントロールレイヤーを作って、一箇所からパラメーターをコントロールするなど工夫も考えられていますが
そうなってくると多くなるのが同一エフェクトの多重掛けで
管理上わかりやすさを重視してエフェクト名も変更されていたりします。

一見すると分かりやすいようですが日常的にその作品やテンプレコンポに馴染んでいないと
名前の下隠されて何のエフェクトがかかっているかわからないことも多く
エクスプッション制御系エフェクトならば良いですがパラメーターを見ただけでは予測不可能だったりして
ソロ、Fxの各スイッチをOn/Offして解析を進めてからの作業になるため、スポット参戦、ヘルプスタッフ、一見さんには敷居が高いです。

ということで、各レイヤーのエフェクトの
マッチネームと名前とリストアップするスクリプトを書いてみることにしました。
出来上がったところで、エフェクト名を編集できるようになると少しはフットワークが軽くなると考え、編集機能もつけました。
一覧性が良くなりマウスレスでも使いやすいと思います。
FXNameEditor

ただし、エクスプレッション内でエフェクト名でのワイヤリングをしていたりすると
エラーが発生し連続してダイアログがでます。CSバージョンで複数にわたっているととてもうっとおしいので注意です。
そんな場合はescキーを押して中断しましょう。※ただし、ダイアログが中断されるだけでエクスプレッションエラーの状態なので確認は必要です。



コメントを書く