Cinema4D R21 Perpetual Lisence Upgrade & Subscription info

といった内容のメールが先月に続き代理店さまからきました。
古くても永続ライセンスのアップグレードできますよ、最後のチャンスですよ
今ならサブスクも1年目はお安くしときますよということなのでしょう。
新しいライセンス形態で思ったより新規ユーザー数が増えなかったか、
既存ユーザー(だった)の更新減かいずれかなのでしょうかね。

悪しからずお断りしておきますが条件等を勘案したところPatecでは見送ります。
といいますのもR20までStudioのMSA契約だったユーザーに対する救済ではないと判断したということと
昨今の新型ウィルスの影響で、イベント関係などの大型案件がペンディングになりそうなので
このまま映像制作を生業として継続していくかも検討しているからです。

それはさておき条件だけでいうならばチャンチャラおかしいですw(昭和的表現)
このアプローチのターゲットはこの2、3年で増えたレイトマジョリティのユーザーなんでしょうね、きっと。

と言うのもこれってサブスクがいくばくかディスカウントされてるからといって
必要に迫られていない人間には全く訴えかけるものではありません。
だって所有できるわけでもないですから。必要な時にいつでも契約できる。4ヶ月後に必要な人はその時で。
永続ライセンスは、StudioのMSAに比して高い。具体的には5万円程高いですね。
これが半年分の差額?ユーザーをバカにしないでいただきたい。といってもこれは私見です。

かつて映像関係機材、ツールの総合的な代理店さまからMaxon JPの熱意ある営業の話を聞いたことがありました。
やがて、自身もお付き合いしてみてそのような実感をしたのもあり
ツールとしても環境としても長く付き合えるとかんがえたのですが、、、

気に入って愛着をもつことのできるツールだったので、使いこなせるかなーという不安がありつつも
数バージョンStudioグレードのMSA契約をしてきましたが、これが救済案?まさかね?という感じです。
R21リリース当時にMSA更新した場合より随分とお高いですからね、若干驚きました。
ただ、Studio以外の既存ユーザーの方にはオススメできる場合もあるのではないでしょうか?
R21にはグレードがないのでunlimited?ultimate?なStudioグレード機能の永続ライセンスが
お得に手に入れられるかもしれません。

現状はR20で困っているわけでもないので、当面はそのままでいきつつ
Blenderに絞って移行していこうかなーという感じになりますかね。
ある時期からツールに対して柔軟性をもっているほうが良いとは感じていましたし。

CG関係大手のA社の各ツールから逃れられないといった状況を
数年前からいろいろな同業他社から話に聞き、目にしてきました。
ユーザー重視、ユーザーフレンドリーなC4Dはそうならないだろうとも思っていましたが、
現実はいともたやすく既存ユーザーに後足で砂をかけるような形でそうなってしまいました。
その間個人的に様々なツールをためしてきているのでメインツールの移行、適材適所のツール選定に抵抗はありませんが
代理店さまを通じてバグレポートをしたこともありましたし、
応援のつもりもあってMSA契約を更新してきた分少し残念な気持ちはありますね。



コメントを書く